自己紹介

未分類

私は中国地方の田舎でサラリーマンをしています。

大学を卒業して新卒で就職し、30歳を目前に、年収がやっと300万円に到達しました・・・。

また、サービス残業の日々や、これから30年も会社に勤め続けないといけないかと思うと、毎日絶望感で徐々にうつ状態になっていきました。そうした状況にもがいている中で、2017年7月に株式投資というものを知りました。

これまでは、株や投資と聞くとギャンブルというイメージしかなく、深く考えずに自分には関係のない世界だとシャットアウトしていました。ですが、著名な投資家の方々のブログを見たり、株式投資の本を読んだりしながら、日々勉強をしていく中で、世の中には大きく分けて資本家と労働者の2種類の人間がいて、労働者側にいるといつまで立っても楽にはなれない。現状を打破するためには資本家側に立つことが大切であることを知りました。

このことを知ったとき、私は目からウロコが落ちたような気持ちでした。これまで自分がしてきたことは「労働者として、いかに優秀になるか」ということに力を注いできましたが、本当に力を注ぐべきなのは、「労働者から資本家側に立つこと」ということに気づいたのです。

また、株式投資がきっかけで、読書を始めたりプログラミングやブログに興味を持ったりと色々なことに積極的に取り組めるようになりました。こういったことを通して、今さらではありますが「新しいことに挑戦したり、勉強したりするのってすごく楽しいなあ。」と実感してます。

文章を書くのが苦手なのですが、まずは週1回を目標にブログ更新をしていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました