効果絶大! 節約したいならまずは格安SIMへ移ろう

節約

はじめに

この記事では格安SIMについて紹介します。

 

スマートフォンは私達の生活になくてはならないものですが、毎月1万円近くも維持費がかかり、バカにならないですよね? この維持費を格段に抑えてくれるのが格安SIMです。

 

格安SIMに興味はあるけど、イマイチよく分からず、手続きも面倒そうで、ためらっているという人も多いと思います。

今回のこの記事を読んでいただければ、格安SIMについて理解が深まり、移行する決心がつくはずです!

 

節約のためには固定費を削ることが基本ですが、この「格安SIMへの移行」は簡単にできて、効果絶大なので

ロチのおすすめ度ナンバーワンです!

 

そもそも格安SIMってなに?

「MVNOが提供するSIMカード」のことです。

 

これだとみなさん「??」となりますよね。

 

格安SIMを正しく理解するために、SIMカードとMVNOについてもう少し詳しく説明していきます。

SIMカードについて

スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末で音声通話やデータ通信を行うために必要な小型のICカードのこと。

カードには電話番号や契約者情報が記録されている。

SIMカードには3種類のサイズが有り、SIM、microSIM、nanoSIMがある。

MVNO(仮想移動体通信事業者)とは?

docomoやau、softbankといった大手3大キャリアが持つ通信設備を借り受け、利用者に低価格で提供している会社のことを言います。

Yモバイル、UQモバイル、楽天モバイル、LINEモバイル、mineoなどが挙げられます。

 

つまり格安SIMとは?

「MVNOが提供する格安プランのSIMカード」のことです。

 

 

格安SIM3つのメリット

格安SIMへ移行すると大きく分けて3つのメリットがあります。

 

月額料金が格段に安くなる

格安SIM最大のメリットがこれです。

オロチはauからmineoへ移行しました。

移行前は約8000円/月が、移行後は約1700円/月になり、

毎月6300円の節約ができました。

6300円×12ヶ月=75600円

これってめちゃくちゃでかくないですか?

後ほど説明するデメリットを吹き飛ばす程のメリットです。

豊富なプランから選べる

キャリアでは、プランの中に必要のないサービスも入っており、結果的に必要のない

サービスを契約せざるを得ないこともありますが、MVNOの場合、自分が必要な最低限のプランだけを選択することが可能です。

2年縛りがない

キャリアでは2年縛りが常識ですが、MVNOでは最低利用期間が半年〜1年と短いです。

回線やサービスに不満がある場合、他社への乗り換えがしやすいです。

 

格安SIM3つのデメリット

メリットに比べると大したことはないですが

3つのデメリットがあります。

 

回線品質はキャリアに劣る

キャリアに回線を借りている以上、当然キャリアユーザーが回線品質は優先されるため、キャリアと比べてしまうと、どうしても劣ってしまいます。

主に12時〜13時のお昼休み時間帯は回線が混雑するため、読み込みが遅いです。

動画や写真を見たりしない限りはそこまで不便は感じません。

自分で初期設定が必要

キャリア大手であれば、契約時にその場で設定をしてもらえますが、格安SIMの場合は自分で手続が必要となります。これが格安SIM移行へのハードルにもなっています。

 

キャリアのメールアドレスが使えなくなる

「・・・@docomo.ne.jp」「・・・@ezweb.ne.jp」など、これまで使っていたアドレスが使えなくなります。

代わりにGoogleやYahooのフリーメールアドレスを取得し、アドレス変更を事前に連絡しておくことをおすすめします。

格安シムの選び方

格安SIMには様々なプランがあります。

 

詳細は別記事にて紹介させていただきます。

現在使っている機種を使用する場合

新しく機種を購入する場合

オロチおすすめのMVNO

注意点

 

まとめ

この記事では格安SIMについて紹介させていただきました。

格安SIMへ移るのに多少面倒は伴いますが、1度かえてしまえば

人によっては毎月6000円以上安くなります。

 

オロチは実際に年間で7万円以上の節約をすることができました。

また、両親の契約している携帯もかえたので、合計で年間20万円以上の節約をすることができました。

 

契約更新月や端末の割賦割など考慮すべき点ももちろんありますが、

格安SIMへ移って損する人はほぼいないと思います。

 

節約したいなら、必ず格安SIMへ移行しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました